虫歯が多い昭和の子供の成れの果て

歳を取ると身体のあちこちガタがきており
ここ最近は、歯の神経の治療を粛々と受けている。

治療中のとは別の歯の根っこ(差し歯)も痛むので
レントゲンとったら、のう胞(膿)が出来ていた。
それは放置するとまずいと先生。

来週から演奏予定もたて込むので、
痛いのを我慢しながら演奏するのも嫌なので
まさに、いつやるの今でしょ、な勢いで先週手術。

セラミックの差し歯を抜いて歯根幹治療して
新しい差し歯つくるのは大変。
歯を丸々抜くのもダメだと。
「抜かない治療」のひとつで歯根端切除というのをしました。

歯医者系が苦手な方は、
ここまで読んだだけでもゲーってなってると思うので
これ以上の詳細な説明は割愛いたします。
術後の経過は順調で、今週末からのライブには問題なさそう。