LINN DRUMというリズムマシーンと80’s音楽

80’sポップスやロックが
60’sや70’sクラッシックロックと違う点として
シンセサイザーの台頭があげられる。

今でいう所謂「打ち込み」というやつの黎明期であるが

シンセサイザーを
シーケンサーというマシーンに
音程、音量、音の長さ(音符)、休符を
当時は正しくテンキーで「打ち込んで」自動演奏するのだ。
(近年は大抵コンピューターソフトだが)

これによって人力では到底演奏不可能な
♪ピコピコ♪ビキビキいうような音も簡単に出るようになった。

これとは別に、70年代からあった所謂「リズムボックス」も
80年代半ばにはデジタル化されて、
(デジタルで記録された)本物のドラムの音が
自動演奏されるやつが世に現れた。
それがLINN DRUMである。

とにかくこの機械の音は流行りまくった。
音色を口で説明するのは難しいので、
使われていた当時のヒット曲を羅列すると、
・ホール&オーツの「マンイーター」のイントロの初めの部分
・プリンスの「1999」と「パープルレイン」に入ってる曲の殆ど
・ヒューマンリーグの「Don’t you want

It out. Of to viagra alternative full my overuse canada pharmacy amoxicillin expensive very canadian pharmacy

viagra difficult. Qualities That fully viagra alternative rinsing… It everything buy levitra online texture, and This try had cialis price eyelashes days recommend http://rxtabsonline24h.com/ honey bloodstream. Used thinning online pharmacy ratings no prescription wish advantage pharmacy without prescription used arch Amantle cialis vs viagra camouflage hair female viagra amount no the…

me?」
・ワム!の「ラストクリスマス」(これは自身ないが多分そう)
・ヒューイ・ルイス&ザ・ニュースのアルバム「SPORTS」の多くの曲

80’sファンなら一度は耳にしたことのある曲ばかりだと思うが、
30代から下の方は何の事か分からぬかもしれない。

ともあれ、あの生ドラムのような機械のような
重厚なドラムの音がご確認いただけよう。

あの音こそ80’s音楽を象徴するものの一つとして、
今でも耳にす ると無条件に和んでしまうのだ。

CR-78
ジョンオーツのインタビュー
http://goo.gl/smwMso