鬼の右腕とHomecomings@フジロック

鬼の右腕Homecomings

今年のフジロックのルーキーステージに出演決定!

ということでおめでたいので紹介させてください。
フジに行かれる方は私の代わりに見届けてきて下さい。

まずは鬼の右腕
バンド名からして不穏なのですけど
かわいらしい若い女子4人組のバンドです。

達者な演奏をします。
でもこの1本目のビデオはリコーダー4重奏です。
しかもこれ組曲だそうです。


1楽章 始まりのゴングは音もたてずに
2楽章 一歩、一歩、その先へ
3楽章 そこで見た景色、そして故郷へ
というタイトルのついた組曲。ふざけてます(ホメ言葉)
フジのステージでリコーダー吹いて客席から登場して
この曲演奏したら伝説が生まれると思います。

しかるべきバンド演奏してる曲はこんなです。


一見かわいらしいけれども演奏も佇まいも実に大胆不敵。
ふざけているのかまじめなのか分からないところがいいです。
インタビュー記事もつかみどころが無くって面白いです。

歌&スティールパンのうてなちゃんは
夜に会うといっつも「眠い眠い」と言ってます。
ドラム&パーカッションのみどりちゃんは
必ず緑色の何かを着てます。髪もちょっとみどりです。

そしてHomecomings


アノラッキーな感じです。

「アノラック」について補足しますと、
UK(スコットランド)のパステルズやヴァセリンズを始祖(たぶん)とする
ギターをさわやか目にかき鳴らしながらスイートでポップなロックンロール
といったところでしょうか(私見交じり)

Homecomingsは京都のバンドで、現役大学生もいて
若くて純真無垢なギターロックを演奏してくれます。
6月にアルバムが出たばかりでインタビューがあります

9/4のあら恋のニューアルバム発売直前ライブで
共演して下さることになっているので
おっさんだらけのバンドに萎縮する事なく
ノビノビ演奏してもらえるようにがんばろうと思います。

先日の下北沢インディーファンクラブに出演してて
ぼくは観に行けなかったんですが
あら恋のドラムのキムくんは観に行って
CD買って挨拶もしてきたそうです。さすがキッチリしてる。